ほこりによる鼻づまりを緩和 鼻をきちんと洗えば治る

          息を吸ってPM2.5のほこりをとり、鼻がチクチクする、鼻づまりを感じたら、適切に鼻を洗って鼻づまりを治しましょう。

          鼻を洗うことは私たちの体にかなり有益です。特に今日のように汚染に満ちた空気の中で。多くの人が鼻に灼熱感、鼻づまりを感じ、喉の痛みを引き起こします したがって、上記の不快感を軽減するために 鼻を洗う

メリットを紹介するために、PM2.5のほこりやその他の汚染物質を減らすために鼻を洗う方法があります。

          鼻洗浄は、鼻腔内の粘液、膿、汚れを洗い流すことにより、鼻腔内を洗浄することです。鼻づまり、かゆみ、くしゃみ、鼻水、刺すような痛み、副鼻腔の痛みまたは副鼻腔の痛みを和らげます。

          重要なことに、鼻を洗うと、細菌、汚染、ほこり、アレルゲンの数も減少します。刺激物 そして、鼻腔のアレルゲンに対する体の反応から生じる物質。副鼻腔を含む さらに、鼻をすすぐことで、鼻や副鼻腔から中耳への細菌の拡散も防ぎます。または肺にも降りる

鼻をすすぐ正しい方法

          *次のようにデバイスを準備します

          。-プラスチック製注射器5-10-20ml。-

          濃度0.9%の生理食塩水(0.9%NaCl、0.9%NSSとも呼ばれます)。薬局 一般 または、鼻洗浄用の生理食塩水を自分で作りたい場合は、メコンの水道水1本(750cc)を沸かし、食卓塩または料理用の食卓塩小さじ1を加えてよくかき混ぜます。次に、ライトをオフにして暖めます。(自家製の生理食塩水は毎日使用する必要があります 一晩煮込まないでください)

          – ブライン用のボウル そして、鼻から生理食塩水を支える

          ための洗面器。*鼻を洗う方法

          1.生理食塩水を広口容器に注ぎます。その後、電子レンジで加熱します。温かい生理食塩水を与えます(自分で生理食塩水を作る場合は、沸騰した塩水が温まるまで待ちます)

          2。注射器を使用して、子供は約5 cc、大人は10〜15ccの生理食塩水を吸います。次に、生理食塩水を手のひらの後ろにスプレーして温度をテストします。(塩水は温かい必要があります 暑すぎないこと)

          3. 前かがみになり、頭を少し下げます。次に、注射器の先端を1つの鼻孔に挿入します

          。4 。口を開けて、深呼吸します。次に息を止めます

          。5 。生理食塩水を鼻にそっと押し込みます。塩水を押し込んでいる間、彼は息を止めなければなりませんでした。生理食塩水が鼻と口から排出されるのを待ちます。それから普通に呼吸する

          6. 鼻をもう一度、または楽になるまですすぎます。または生理食塩水が注入されたときのように透明な色になるまで

頻繁に鼻を洗うのは危険ですか?

          正しい方法で鼻を洗えば大丈夫です。頻繁に鼻をすすぐことは健康に悪影響を及ぼしませんが、鼻をすすぎ、耳鳴り、頭痛、または喉を流れる水を引き起こす場合は、生理食塩水を注入する角度を変えてみてください。背中の鼻腔には首の横にチャネルがあるためです。と中耳 耳管を通して 中耳と鼻咽頭をつなぐチューブです したがって、鼻をすすぐときに生理食塩水がのどを流れ落ちることがありますが

          、これらの副作用は通常一時的なものです。そして、決して危険ではありません 鼻を洗う角度を観察して、副作用が発生するかどうかを確認することをお勧めします。もう一度鼻を洗う角度を変えます。

          鼻をすすぐことで、鼻の汚れを洗い流すことができます。これで呼吸が楽になります。鼻の灼熱感、咳、くしゃみ、鼻づまりが頻繁にある人は、鼻をすすぐようにしてください。