これらの症状があるときは、水を飲むべきではありません。体に悪影響を及ぼす可能性があるため

私たちが知っているように たくさんの水を飲むことはあなたの体にとって有益で必要です、それはあなたの様々なシステムが適切に機能するのを助けるからです。消化を助ける 体重を減らすのに役立ちます それはまた私達の体から汚れを洗い流すのを助けます。しかし、水を飲みすぎると健康に害を及ぼすことがあります。この記事では、頑固な場合、体に悪影響を与える可能性があるため、水を飲むべきではない4つの状況について説明します。

1.体が窮屈に感じるまで水でいっぱいになったとき

コルクが二度と食べなくなるまで水を飲むとき。たくさんの水を食べて健康に良いというわけではありません。体が受け入れるフィット感を忘れるまで 体が必要とするよりも多くの水を飲む 私たちの体のナトリウムレベルが低下します。浮腫を引き起こす めまい 嘔吐、または最も深刻な場合、致命的となる可能性があります。

2.尿の色がうすい黄色の場合

人の尿の色は通常黄色です。尿の色が異なる場合は、体に異常があるか、特定の病気が発症している可能性があります。尿の色を観察することで、タイムリーに体のケアをすることができます。尿が淡黄色または透明になるまで、水をたくさん飲む。あなたの体は十分な量の水分を摂取しています。浮腫や死に至る可能性があるため、これ以上追加しないでください。しかし、尿の色が濃い黄色や茶色の場合は、体に十分な水分が行き渡っていません。

3.激しい運動の後

汗をかくほど激しく運動するとき。多くの人は、出てくる汗を補うために水を加える必要があると考えています。実際にはどれ 私たちの体が失ったもの 水に加えて のような鉱物もあります カリウムとナトリウム 普通の水だけを飲むと、体のリフレッシュが低下する可能性があります。最良の方法は、ココナッツウォーターやミネラル塩など、大量の汗を必要とする激しい運動に適した水を飲むことです

。4。寝る前に

就寝前に水を飲むと、睡眠不足につながる可能性があります。目覚めてトイレに行くから 就寝前に大量の水を飲む人もいます。夜になると、彼はよく起きてトイレに行きます。睡眠不足 翌日の精神状態や生活に悪影響を与える 水を飲みたい場合は、就寝時刻の少なくとも1時間前に水を飲むか、朝にたくさんの水を飲むことを選択してください。昼間と夕方と就寝前にそれぞれ減少します。

正しい水を飲むことは健康に良いです。しかし、体が必要とする以上の水を飲むことは危険な場合があります。毎日十分な水を飲んでいるかどうかを測定するには、体が1日に必要とする水の量を計算する式で測定できます(体重(kg)x 2.2 x 30)/ 2 = .. ml. たとえば、体重が 60 kg (60 x 2.2 x 30) / 2 = 1980 ml または 1 日あたりグラス 10 杯など、各人の体に適した必要な量の水が得られます。