106035 誰かがのぞいている からではなく、「ものもらい」として質問を解決してください!

        「ものもらい」であるというのは、長い間誤解されてきた信念であると言えます。「誰かをスパイすること」ですが、実際にはそれは病気の原因ではありませんが、

        今日、私たちは「ものもらい」と、ものもらいを行うための眼の麦粒腫の治療と予防方法について質問し

        ます。まぶたの端に形成されます。サイズは約0.2-1cmで、両方のまぶたに見られます 左右で生まれる確率はほぼ同じです。上まぶたと下まぶたの両方で発生する可能性があります。しかし、上まぶたに発生することがよくあります 上まぶたは下まぶたよりも腺が多いからです

        目のものもらいは、細菌感染、すなわちブドウ球菌感染によって引き起こされます。(ブドウ球菌)は主に炎症によるもので、通常、まぶたの周りの腺からのさまざまな物質の出口チューブが詰まっているところから始まります。その結果、多数のバクテリアが腺に入ります。体の免疫システムを超えて排除することができます。したがって、次の腺の炎症を引き起こします その後、しこりとして腫れ、膿がたまり、膿瘍を引き起こします

【麦粒腫の危険因子】

1.まぶたがバクテリアやほこりに感染するまで頻繁に目をこすります

。2。目の周りのメイクをすべて洗い流さないでください。3

。汚れた手でコンタクトレンズを着用または取り外します

。4。使用汚れたハンカチ

目を拭く 5. 衣服で目を拭く

6.

汚れた水で顔を洗う7. 汚れた水が目に入る

8. 空気中のほこりが目に入る

【麦粒腫の治療法】

1.あらゆる種類の目の化粧品の使用を控える、コンタクトレンズを着用しない、膿を絞ったり捨てたりしないなど、最初に従うべきセルフケア。炎症を起こしやすくなるから (膿が自然に壊れた場合は、沼地を沸騰したお湯で洗います)、ものもらいの間は車を運転しないでください。事故の原因となることがありますので、麦粒腫の患者さんでも正常に作業できます。しかし、それが多くの視力を必要とする仕事であるならば 定期的に目を休める

こと 2. 初期のものもらいと判断した場合 患部周辺の目の周りを、朝晩、1日2回温水できれいに拭きます(目から目の隅まで拭きます)。目を閉じたまま)顔を清潔に保ちます。

3.目を温水で圧縮し、スプーンの先端をきれいな布で包みます。次に、温水で湿らせ、膿瘍の領域を押して、これを1日4回、約20〜30分間穏やかにマッサージします(温湿布は、その領域に血液を運ぶのに役立ちます。病気と闘うお手伝いをしましょう。腺を詰まらせる脂肪を開くのを助けます 膿を自然に排出させる そして症状は徐々に改善します)

4。すべての目が圧迫した後 眼軟膏またはテラマイシン眼軟膏などの抗生物質点眼薬を使用してください。またはエリスロマイシン点眼薬 (自分用に医薬品を購入する場合 痛みが治まらない、しこりが治らない、傷から出血しているなどの場合は、必ず薬剤師にご相談ください。医師の診察を受けて、適切な抗生物質を決定する必要があります。または、膿を取り除きます

。パラセタモールなどの鎮痛剤を 4 時間おきに 1 ~ 2 錠服用してください。

6.赤く腫れたまぶたがある場合 または、顔や耳のリンパ節が腫れている場合は、ジクロキサシリンを服用してください。(ジクロキサシリン) またはエリスロマイシン (エリスロマイシン)食事の前に1日4回、就寝の1時間前に5〜7日間、または処方されたとおり

7.ただし、一般的には薬を服用しないでください。場合によっては1~2週間で自然治癒する場合もありますが、症状が改善しない場合は 明らかに凸状の塊を形成する 薬剤師の指示通り抗生物質を服用しても症状が改善しない 膿を解剖することにより、治療のために直ちに医師の診察を受ける必要があります。(しかし、最善の方法は 症状が出始めたら、直ちに医師の診察を受けてください。自分で処理してはいけません)

8.次の症状がある場合 患者は直ちに医師の診察を受ける必要があります:1〜2週間以内に悪化または改善が見られない、非常に大きなしこりと目の痛み、まぶたのしこりの出血、まぶたに水ぶくれが現れる、まぶたにうろこ状の痛み、まぶたの発赤または全身の発赤、異常な視力、太陽アレルギー そして麦粒腫は治癒した後に再発した

【予防方法】

1まぶた、顔、髪の毛を清潔に保ち、特に女性は頻繁に髪を洗う必要があります

。2髪が目からはみ出さないように注意してください

。3まぶたに触れないでください。または、手をよく使って目をこすります

4 タオルの使用は避けてください。他の人と一緒に顔を拭きます

5 メイクをすべて落とします。特に目の周り

6 疑われたものもらいは医師の診察を受け、目をこすったり捕まえたりしないでください。