薬を飲み忘れるなら必読!! 食前と食後の薬 ストレートで食べるとどんな効果があるの?


          気象条件が変動する タイ人が頻繁に病気になる原因 医師の処方どおりに薬を服用することは、もう1つの日常生活になりつつあります。でも食前と食後の両方でどうしてこんなに薬を飲み忘れるの?」と悩む人も多いのではないでしょうか。もっと上手くやろう!

医師が食事の前に処方する薬のほとんど。通常、それは空腹時によく吸収されることができる薬です。または、抗ヒスタミン薬など、食後に発生する症状と戦うのに役立つ薬です。これらの薬は酸によく溶けるからです。そしてあの空腹 酸性になります したがって、酸によく溶ける薬を服用する 胃がまだ酸性状態にあるとき 薬剤はよく溶け、吸収されます。治療に良い ジェネリック医薬品の場合 食事の 15 ~ 30 分前に服用する必要がありますが、ペニシリンやアンピシリンなどの一部の薬は、食事の 1 時間前に服用する必要がある場合があります。

食後の薬について それらのほとんどは酸性です。胃を噛む可能性があるもの 空腹時に薬を服用する場合 薬が胃を噛む。また、潰瘍、胃炎、胃炎などの副作用が起こることがありますので、食後15分程度で服用してください。たくさんの水を飲む準備ができています。これは、胃を刺激し、吐き気、めまい、または嘔吐を引き起こすためです。または、一部の食後の錠剤では、酸に優しいものではありません。空腹時に食べる 酸は薬の効果を破壊します。そして治療には効果がない だから食後に食べなきゃいけない

わかりますか?早く治したいなら薬のラベルを厳守!