7症状これは正しいです、私は十分な睡眠がないことを疑わなければなりません。

癖になるまでぐっすり寝ると、ずっと眠くなるのと同じような症状になります。そして、私たちの体がないことの兆候は何をしているではない睡眠は十分?の欠如

睡眠

          一部の人々は、彼らが蓄積してきたどのくらいの枯渇気付いていないように遅くまで滞在するのが習慣に入ります。ぼんやりとした症状、頭痛、動悸が出るまでは、睡眠が少ないからなのか心配になりました。それでは、予備睡眠不足の症状をチェックしてみましょう。

1.不十分な

睡眠、頭痛、不十分な睡眠

          、朝の頭痛毎朝がある場合は特に。目覚めた後のズキズキする痛み、または起き上がれなくなるまで激しい頭痛を感じる人もいます。これは、十分な睡眠が取れていないことによる症状の 1 つです。体が十分な休息をとらない場合 脳への血液供給に支障をきたす場合があります 体のさまざまなシステムの機能は変動します。不快感や不快感を引き起こすまで 目覚めはリフレッシュされません

2.白目は明るくなく、赤い静脈が一列に並んでいます。

          目が覚めたときに白目の赤い血管が見えると、いつものように目が明るく見えなくなります。それは、睡眠が足りないという体からの警告かもしれません。就寝前でもスマホで視力マラソンを利用 または、コンピューターの画面で作業している 炎症や血管のうっ血まで細胞が十分に回復しないため、視力が低下することがあります

3. 突然にきびができる

          睡眠不足は、体内のホルモン系に影響を与えます。肌が白くならない、にきび、しわができる原因のひとつで、まぶたも黒ずむのも避けられない

4. デザートだけ食べたい。

          睡眠不足も血糖値の変動を引き起こします。ですから、十分な睡眠がないときに気付くようにしてください。翌日、私たちは甘い水を食べたくなるでしょう。異常に高糖質の食べ物に疲れ果てて空腹を感じます

。5。ぼやけて、忘れて、集中力が不足しています。

          十分な睡眠がとれない場合、かすみ目、めまい、集中力の欠如、体に無関心 それを忘れて、これを頻繁に忘れて、それはしばしば起こります。加えて、私はまだ無気力を感じています

脳が必要を満たすのに十分な休息をとれないため、何かを以前より遅くすると、確かに十分です.

6. いらいら

          する. 日常の混乱に直面しても イライラしやすい症状周辺のストレスがたまりやすくなる

7.

           毎日服用すると便秘になる。しかし、驚くべきことに最近便秘になりました 過去に十分な睡眠が取れなかったためかもしれません。消化器系にも影響を与える 消化不良、消化不良の症状もあるかもしれません。

           これらの症状が体に発生した場合 まず、ゆっくり休むために早く寝てほしいです。それに伴って他の症状があり、それが良くないと思われる場合 身体検査のために医師に相談することをお勧めします。