日焼け止めを塗らないことの5つのデメリット!

タイは四季を通じて太陽が降り注ぐ国です。日焼け止めの塗り方がわからない方 日光を適切に保護するため これまでに最大5つの要因で皮膚に悪影響を与える可能性があります。

日焼け止めを塗らないことのデメリット!

1.肌のくすみ、肌の色むら
日光に多く当たる場合 日焼け止めを全く塗っていない それは私たちの肌を著しく暗くします。日光が肌に当たると そして、保護日焼け止めが見つかりませんでした 私たちの肌は、肌そのものを守る働きをしています。メラニン色素の生成が増える したがって、私たちの肌はより暗くなります。そしてその結果の1つは 肌の色もムラがあります


日光は別の原因です。それが主な原因である紫外線で顔が老けたりシワになったりします コラーゲンとエラスチンの破壊において 肌を引き締める効果がある そのため、日光を多く浴びると そして日焼け止めを全く塗っていなかった 私たちの肌のたるみを解消してくれます。したがって、日焼け止めを塗ることをお勧めします。外出前に毎回15分程度

3.皮膚細胞が破壊されて肌が焼ける。
日焼け止めを使わない場合 長い間強い太陽に直面しなければなりませんでした 日焼けの原因となります。日光に当たる部分の皮膚は徐々に焦げます。日焼け止めを塗ることで防ぐことができます 30以上の日焼け防止SPFと日焼け止めを選択する必要がありますし、両方のUVAとUVB光線を保護することができます。

4.シミ、そばかすは、それを求めます!
日光の紫外線 それは細胞を刺激してより多くのメラニンを生成します。特に暑い夏は肌が黒くなる そばかすを引き起こす可能性があります 太陽への長期暴露 保護なし 皮膚ガンの刺激因子にもなる

5. 皮膚ガン。
2011 年のオーストラリアの研究では、25 ~ 75 歳の人々が定期的に日焼け止めを塗っていることがわかりました。10年以上継続して皮膚がんのリスクがあります。日焼け止めを全く塗っていない人より少ない