歯垢または歯石 どうしてこうなりました?石灰岩はどのくらいの頻度でこすり落とす必要がありますか?

Eta. Mahisorn Magic の
歯科 Siriraj Hospital
医学部 Siriraj Hospital
、医学部 Siriraj Hospital

は尋ねました: 歯垢または歯石が発生します。

石灰石または唾液結石は、唾液からのカルシウムの沈殿により固まるプラークです。細菌性プラークは、細菌を含む柔らかい乳白色のしみです。歯にくっつく 水洗いしても剥がれません。歯垢形成のプロセスは、歯に唾液の透明な粘液で歯を磨いた後、数分後に始まります。それから多くの病原体があります。お口の中にはプラークがたくさん集まります。このプラーク自体が、虫歯や歯周病の一般的な原因となります。食べるとき このプラークは、食用糖を使って酸と毒素を作り出します。酸はエナメル質を破壊し、虫歯の原因となります。毒素は歯茎の炎症を引き起こします。歯周病を引き起こす プラークを取り除かないと 歯と歯ぐきを毎日きれいに掃除することで。この染みは増加し、歯と歯茎に損傷を与えます。プラークは、特に歯の首に多く見られます。歯茎の周りと歯の間 染料を使用して、汚れをはっきりと見ることができます。しかし、汚れが非常に厚い場合は、舌が歯に触れたときに見たり感じたりすることができます.

Q:

唾液石の表面で:をスケーリングすることの重要性と必要性。プラークで覆われます g g g縁からはみ出した唾液岩が見える。しかし、歯茎の下の部分は見えません。歯茎の下の歯石に付着している歯石や歯垢は取り除くことができません。ところで、自分で歯をきれいにするには、歯石を取り除くのを手伝ってくれる歯科医が必要です。歯科医は、歯茎の上と歯茎の下の両方の歯石をこすり落とします。次に、歯の周りの歯茎をしっかりと保つために、毒素を取り除いて根を滑らかにします.
完全にスケーリングするには、時間がかかる場合があります。2 ~ 4 セッション以上の場合、30 ~ 45 分の予約が必要になる場合があります。石灰石の量にもよりますが 歯周溝の深さ 石灰石等の硬さ。
約4〜6週間後、歯科医は結果を評価して、患者が歯周病から治癒したかどうかを確認します. 元の状態に戻ったかどうかを確認することによって 歯磨き時や歯周溝測定時の出血 その浅いまたは正常に行くかどうか まだ深さがあれば 歯周溝の位置 歯科医は、手術を行うべきかどうかを決定します。洗浄における患者の協力に応じて。歯茎が元の状態に戻ったのに。しかし、患者が適切かつ定期的に掃除することを怠った場合。再び歯周病にかかることができた.

質問 : 何歳からスケーリングを開始する必要がありますか?

回答 : 歯石は何歳からでも削ることができます. 乳歯からお年寄りまでの幼児期でも

質問: 適切な歯石除去の頻度は?

回答:スケーリング後の初期段階 患者がうまく掃除できる場合は、2〜3か月以内に検査と掃除のために歯科医に戻る必要があります。歯肉炎や歯周溝がない 歯科医のチェックアップと5-6ヶ月以内にスケーリングするために来て患者の予約を行いますすべての時間、彼らは患者の協力を見ていきますと、歯と歯茎を洗浄する方法を検討することができる。。

Q:ウィル頻繁なスケーリングは歯に影響を与えるかどうか?いいえ。

回答:歯の過敏症を引き起こすことがあります。スケーリング後、歯茎を痛めることがあります。でも、清潔に気をつけて 症状が消えるようになります。

Q:?スケーリングされていない場合、それはどのようにマイナスの影響が発生します

回答:歯周病の原因となります。次の症状が見られる場合があります

。1。歯磨き中の出血

2.歯茎の腫れと赤

3.口臭

4.歯茎のくぼみ

5.歯茎の膿

6.歯の揺れ

7.歯が離れる

Q:出血の問題を止めるのが難しい患者。スケーリングできるかどうか?

回答:出血を止めるのが難しい患者。医者に相談すべきでした。そのため、医師は歯科医に相談して治療を計画することができます。血液凝固を遅らせる薬の服用をやめなければならない場合があります。または凝固障害のある血液の場合は、スケーリングの前に血液または代替品が必要になる場合があります。合併症や出血を防ぐために、

質問:歯垢の蓄積を防ぎます。

回答:歯のクリーニング、つまり適切な歯磨きで構成されています。
歯の間の掃除 ガムマッサージを含む これには多くのメソッドがあります 例えば、デンタルフロス、ゴムチップ、近接ブラシ、ガーゼストリップ、ガムスティック。使用する機器を選択するには 歯科医の裁量と推奨に従います。

質問:プログラム終了時の提案

回答:虫歯を防ぐことができます。そして歯周病 して、口腔内の歯垢を除去することにより

1.ブラシあなたの歯一日二回、朝と就寝前。毎食後に歯を磨くのはとても良いことですが、それができない場合は、食後に2〜3回激しく

歯をすすいでください。2 。少なくとも1日1回は歯の間をきれいにして

ください。3。特に甘い食べ物は避けてください。食事の合間に

4.少なくとも年に2回は歯科医に相談して、歯茎と歯をチェックしてください。最初の洗浄と治療から残りの歯を洗浄します。歯を失う前に 齲蝕と歯周炎のため