問題が発生している人 「自分の汗アレルギー」は必読!!!

今年の夏は本当に暑いと誰もが感じていることでしょう。家を出るだけで、汗をかき、たるみ、服を濡らします。または、顔のメイクも溶けて非常に脂っこいです 脱水症状や熱中症、アレルギー反応など、熱は一番の危険です。それはさらに数え切れないほど続きます。でも今日はあけるさんがお話します 「汗によるアレルギー」 そんな悩みを抱えている方は是非読んでみてください。

脊髄炎とは何ですか?

この病気は、皮膚に異常な感受性を持つ人々によって引き起こされるアレルギー性疾患の一種に分類されます。私たちの肌を他の人よりも敏感にします。症状は異なる場合があり、たとえば、かゆみから始まる人もいます。または、皮膚の赤い発疹から始まる人もいます。しかし、汗アレルギーだからといって、汗に毒があるわけではありません。実際、私たちの皮膚には以前に他の病変があったことがたくさんあるかもしれません。または他の種類の皮膚病

    汗の湿気と塩分は、特定の皮膚反応を触媒する可能性があります。かゆみ、赤い発疹、不快感の原因 (出典:skinhospital)

汗アレルギーの原因は?

もちろん、汗のアレルギーは空気の熱が原因です。または活動をしている 私たちの体が非常に高温になる運動。換気の悪い服を着ることもアレルギーの一部です。したがって、これらの行動は汗腺の冷却を促進します。熱+汗のとき 肌に反応します アレルギー反応を引き起こしてそこに来る

    細菌、真菌、または細菌の多いほこりっぽい環境にいること。アレルギー反応を起こしやすい要因です。汗で水分が出るから 電荷が生まれます そして、電荷を持っているほこりにも触れてください ほこりや汗が肌にしっかりと付着します。また、ほこりに対するアレルギー反応を引き起こす可能性があります (出典:skinhospital).

汗にアレルギーがあるかどうかを確認する方法.

通常、多くの汗をかくとかゆみを感じ、自分が汗アレルギーだと思い込む人もいるので、まずは症状をチェックして汗アレルギーかどうかを確認しましょう

。首、顔、腕、脚、股関節の曲がり角
– きれいに保つために、かゆくないでください。そして、かゆみが常に明確な水ぶくれを持っている領域
-汗をかいたときに形成されるかゆみを伴う隆起を取り除きます。そして自ら消える でも汗をかくと元に戻ります。

最初に汗アレルギーを治す方法

-頻繁にシャワーを浴びるようにしてください。汗汚れを毎回洗い流します。暑い季節 になったら ・
汗をかくような活動を避ける ・
ウェットティッシュを常に携帯して体を拭く ・
ほこりの多い場所に行かないようにする

汗アレルギーは怖い病気ではありません。しかし、それをどのように扱うかわからない場合、それは生命を脅かす可能性もあります。したがって、誰かがひどくひどい場合は、それを容認しないでください。急いで医者に診てもらったほうがいいです。