気をつけて!! 眠い人は「うつ病」に苦しみ、「短命」になるリスクがあります

     睡眠や休息から異常な症状に気付くこともあります。それは、その人の健康状態を示す良い指標だからです。特に眠くて、ゆっくりと起き上がるのが遅い眠い人は、多くの人が恐れている病気に苦しんでいる可能性があります。うつ病など それの欠点はあなたを短命にするかもしれません。

     したがって、今日、この病気の考えられる影響について皆さんにお知らせしたいと思います。食事を減らしても簡単に肥満にならない限り。このような症状が続く場合もあります。

私たちの生活のために眠りすぎる危険性

-脳が鈍くなり、脳が疲れ、活気がなくなります

-ベッドに閉じ込められてどこにも起きたくないための遅さと不快感 機動性の消失を引き起こす 結果として、骨粗しょう症、変形性関節症

– 食べて寝るだけなので太りすぎ

– 落ち込む たくさん眠ると、体内のホルモンが変動します。幸福「セロトニン」や「エンドルフィン」の低下などの化学物質の感情は、うつ病、悲しみ、ストレスを引き起こしやすい

-頑強ではない可能性があります。

睡眠不足の危険な兆候:ベッドで起き上がるのが難しい

-あまりにも多くの睡眠、リフレッシュされていない

-眠ることができず、日中はまだ眠い-ずっと眠り

たい

-眠り

やすい-過敏性、疲れやすい、エネルギーがない 眠気

を治す方法

– 毎日、決まった時間に就寝し、起きる

– 起きる時間になったら、遅くまで起きない

– 栄養価の高い食べ物を食べ、時間通りに過ごし、お茶やコーヒー、それに含まれる飲み物を避けるカフェイン

-定期的かつ時間通りに運動する

-それが本当に役に立たない場合は、医者に診てもらい、医者に相談するのが最善です。

ほら、睡眠不足はあなたの体に非常に悪い影響を与える可能性があります。だから、自分を知っている人は鈍い。または、アラームを頻繁にスヌーズしたい場合は、すぐに行動を変える必要があります。そうでなければ、それは多くの点であなたの人生に長期的な悪影響を与える可能性があるからです。